~気紛れ更新~
             
    
              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
頑固でワガママなもみじ。
定位置はなぎのサークル上の畳半畳ほどのスペース。
16歳になる頃からあまり動き回らなくなり、寝るのも食べるのもこの場所。
トイレに行きたくなると「連れてけー」と大声で呼ばれ、
トイレが終わるとトイレの前から「戻せー」と大声で呼ばれる。
たまに自分で移動することもあるが、飛び上がるのは大変そうだった。
低い場所に移してやっても、どーしても高さのあるこの場所がいいらしい。
18歳過ぎから足腰がどんどん弱り始めたが、でも譲らない。なんて頑固。

夏頃からほとんどを寝床で寝て過ごすようになる。
小食になって少しずつを何度にも分けて食べる。ちょっと食いボケも入ってる。
どんどん痩せてきていたけど、最後の日の2日前まで
ちゃんと食べていっぱい甘えて、とってもしっかりしていた。

前日、ご飯を食べなくなり1日ボーっとしていた。
どこか遠くを見ているような目で意識も朦朧としている感じ。
夜になって、おやすみって声を掛けて寝ようとしたけど
その時ふと「朝にはもう会えないかも知れない」と思い
ダンボールで作った寝床にもみじを移し、リビングで過ごすことにした。
夜中何度かもみじの体勢を変えてやり、朝方5時前。
ちょっとウトウトしていたらもみじの動く気配で目が覚めた。
体勢を整えてやると少し嘔吐。徐々に呼吸のペースが落ちていく。
ゆっくりゆっくり。
どうしてやる事もできず、名前を呼びながら撫で続ける。
お返事よい子のもみじは、こんな時まで尻尾の先で返事をする。
アンタって子は・・・・。
5時40分頃、少しだけ手がピクッと動き、大きくフーッと息を吐いた。
そのまま次の呼吸をすることはなかった。
静かに、本当に静かに・・・もみじは逝ってしまった。

一番最初の猫。結婚前に旦那がもらってきた。それからずっと一緒。
結婚した時も、2度の引越しも、うーたんが産まれた時も。ずっと一緒だった。
うーたんが赤ちゃんだった頃は、ずっとうーたんに寄り添ってたね。
オムツが濡れたり泣いたりすると、別室で家事をする私を呼びに来て
にゃんにゃん言いながら、うーたんのとこまで先導してくれた。
いいお姉ちゃんだったよ。
先に逝ったうずらと会えたかなぁ。最後を看取れて本当に良かった。
長い間ありがとう。うちの子なってくれてありがとう。
体調を崩し始めたのは春。吐いて食事を摂れなくなりました。腎不全末期。
一度は回復し体重も戻りましたが、何度も食べる・食べないを繰り返し
体重は増えたり減ったりしながら確実に減少。
もうダメかも・・・と思うことも何度かありました。
ふらつく足で何度も休みながら、それでも自分でトイレに向かおうとする。
そんなうずらを「えらいね」って褒めながらトイレに連れて行く。
1日何度も流動食を与えるため、仕事の日も昼休みに帰って
「ほら。頑張って。もう一口。」って言いながらご飯を食べさせる。
そんな介護が数ヶ月続きました。

前日。
いつでも側に居られるよう、リビングのワタシの座椅子の横に置いた寝床で
ずっと撫でてやってたが、それでも抱っこして欲しくて出ようとする。
ほんの2,3歩でへばってしまう体なのに。
抱っこしてやると満足そうに喉をならし、時々ワタシやうーたんの顔を見上げては
ニャーと鳴く。声は出てないけど。開いた口と重さを感じない体が切ない。

その日の朝。頭を持ち上げるのもままならない様子。
声をかけて撫でてやると、少しだけ喉を鳴らしたが目は遠くを見ている。
その日はうーたんも学校、ワタシも仕事。
2人とも用意を済ませ、そろそろ出ようかと思った時・・・・

「ニャー」

ハッキリと張りのある声。
振り返るとうずらが上半身を起こし、キラキラした目でまっすぐこっちを見てる。
「うず!うず!どうした!?」と撫でながら声を掛けると
暫くワタシ達の顔を見た後、静かに体を横たえました。
遠くを見るうずらを撫でながら、とうとう来てしまった「その時」を覚悟しました。
「お昼に帰るからね!それまで待ってて。絶対待ってて。」と言って家を出たけど
心の中ではこんな時に仕事なんて!ごめんね、ごめんねと謝り続けました。
3時間後、お昼に戻った時にはもう息を引き取った後でした。
同じ場所、同じ姿。違うのは朝に暖かかった体が冷たく硬くなっている事。
思わず「ごめんね」って言いそうになる。
でも、それだけは言わない。「ありがとう」って送ってやろうって
ずっと前からうーたんと決めていたから。
「ありがとうね。何度もダメだと思ったけど良く頑張って生きててくれたね。
もうしんどくないよ。安心してお休み。」って声をかけた。
2日後、うずらは虹の橋へ旅立った。
家族みんなで入れたカーネーションに囲まれて。

やれる事はやった。その事に後悔はない。でも・・・・
朝呼び止めるように鳴いたのは「行かないで」って言ってたんじゃないか、
仕事も休めたんじゃないかって。考えれば考えるほど辛くなる。
その経緯、心の内を姉に話すと
「きっと最後のお別れにありがとうって言ったんじゃないかな。
あんたがメソメソしてるとうずらが悲しむよ。」って。
なんだかちょっと救われた。
あれからもうすぐ一年、未だに言葉や文にするのは辛い。
でも大丈夫。それ以上にいっぱい楽しい思い出があるから。
泣きそうになることもあるけど、あいつはあんなことよくしてたなーって
笑える事のが多いから。
そんでまたいつか、生まれ変わって会えると信じてる。待ってるよ。うず。
このたび、縁あって新入り猫ちゃんが来る事になりました。
まだ、、、というか、新たに猫なんて考えてもなかったのに。

たまたま見ていた猫サイト。
里親募集に力を入れてるなぁーと閲覧してたら
生後1ヵ月だの2ヶ月だのとキュートすぎて鼻血ぶーな子猫達がいる。
かわええなぁ♪と見ていると「!!! この子!」と思う子が。
何が「この子」かと聞かれたらワタシにも良く分からんけど(笑)
4ヶ月だというその猫。女の子なのにハチワレ・あごひげ。
妙に気になったけど、いろいろ見てまわりその日は終了。

数日たってふと思い出し、サイトを覗くと
後からの募集が決まって行く中、あの子が残っている。
「早く決まるといいなぁ」と思いながら確認する毎日。
とにかく気になって気になって・・・。これって一目惚れ?(笑)
少しの間見守っていたけど決定しない様子。
募集地域から距離もあるし、今また増やしていいのかと悩みましたが
ダメもとで旦那に相談してみたところ、なんとOKがでました!

早速サイトに登録し、元親様に確認をとったところ
兄弟みんな里親が決まっていてこの子が最後の1匹だったみたい。
ワタシが見つけて決心するまで待っててくれたのねー!と
いいように解釈して浮かれてしまいました。←バカ。
多少不安はあるのですが、この子だから迎えようと思ったわけで。
ともかく話しはまとまり、今月の29日に引き取る事になりました。
まだ日数があるけど、ワクワクドキドキ待ち遠しいです。(*^-^)

   
生え変わり真っ最中の我が家の犬猫共。
特にひどいのはワンコ。わしゃわしゃって人撫ですると
太くて長い毛がバラバラと散ります(。-`ω´-)
と言うわけで、徹底的にブラッシングする事に!

ものの5分、軽くブラッシングしただけでゴッソリ。(↓の写真)
(||゚Д゚)ヒィィィ!
この後も延々とブラシかけたけどキリがねぇ(^-^;
なぎはどんどん小さくしょぼくれていくのに
毛だけはいつまでも抜け続けるの。il||li ○| ̄|_ il||li
まだ猫達もブラシしないといけないんだよな~。めんどくせーー!







 おぐり「なんだこりゃ。」











今日仕事に行く途中で野生の雉(キジ)を見ました。
いろいろ野生の動物を見てますが雉は初めて。

今働いている病院は山を切り開いた場所にあるんだけど
まわりは住宅地で、大きい道路も走っているので
まさかこんなとこで見るなんて思ってもいなくてビックリ。
最初は大型のサギかトンビかと思ったんだけど
通りすがりによく見たらカラフルなオスの雉でした。
綺麗だったけど目が鋭くて、意外にデカかった。
通勤の途中で写真は撮れなかったのが残念~
最近すっかり春っぽくなりました。
日中は窓を開ける時間も長くなって、みんなで日向ぼっこしてます。
なぎは庭で走り回ったりお昼寝したりして常にウキウキしてる。(≧m≦)ぷっ!

↑には写ってない「もみじ」ですが、今月4日で15歳になりました。
病気もせず元気だけど、すっかりバァちゃんになって行動範囲が狭くなり
最近では寝床からほとんど動きません。(´д`)トホホ
元々の猫嫌いも拍車がかかり、他の猫がいると
落ち着いてご飯も食べないので、お水とエサ入れは常に寝床横にスタンバイ。
トイレに行きたくても他の子達がウロウロしてると行かないし
我慢できない時は、抱っこで連れてってもらおうと下僕(ワタシ)を呼びつけます。
こんな我がままバァちゃんだけど、もっともっと長生きしてくれるといいな。





 写真はいいから
 とっととご飯出しなさいよっ




しぐれ が結膜炎になっちゃいました。
拾った当時から目が弱くて、何度結膜炎になったことか・・・
でも眼球にキズはないので、いつものごとく目薬で治療中です。

目薬でふやけた目ヤニを少しずつ拭いてやり、一日4回の点眼で
ずいぶん良くなったけど、まだまだ目の縁が赤く腫れてて痛々しいなぁ。

せっかくの美人さんが台無し~
お茶を沸かしてたヤカンに近づいちゃったみたい。
目の上のひげ(まゆげ?)がちりちりー(*≧m≦) プーッ

てか、笑い事じゃないや。
火傷しなくてよかったけど、気を付けないと危ねェな。(-`ω´-)

もんじゅ、不満げ。
ドラマ「ハチミツとクローバー」風タイトルにしてみました。
え?全然違う?

オトシンとはエビ水槽のコケ取り部隊として働いているお魚です。
うちには元々オトシン・クルスという種類がいたんだけど
繁殖も狙いたいてことで、オトシン・ネグロという種類をいれてみました。
そのネグロ達が最近どうも痩せてきている気がする。
エビのエサを食べてくれるクルス部隊に比べ
ネグロ部隊はエビのエサをエサだと認識していないみたい。
無農薬のほうれん草や小松菜だとエビにもあげれるしいいんだけど
自家栽培はめんどいし、市販の無農薬とかエビ用の冷凍ものは高い。
しかも茹でた葉モノは水が汚れる。
いろいろネットで調べてみたら、なんかキュウリがいいらしい。
(。-`ω´-)魚がキュウリ?でもさっそく試してみることに。 
農薬が心配なんでしっかり皮を剥いていざ投入~
エサをエサだと認識しない奴らがキュウリをエサだと認識するのか。

 ・・・・・しました。ものの数分で。(._・)ノ コケ
 スルスルーと寄ってきて張り付いたまま離れません。
 エビまでやってきて一緒にツマツマしてるし。
 まぁ食べるって事がわかれば一応は安心なんだけど
 キュウリと少ないコケだけで栄養が足りるのか
 新たな心配ができちゃったい。
 この調子でエビのエサに慣れてくれんかな。





  おぐり
 「ダシがきいてて
      オイシイねっ!

  こまき
 「ちょっ!それ金魚鉢!





                   
              
    
                        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。