~気紛れ更新~
             
    
              
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
頑固でワガママなもみじ。
定位置はなぎのサークル上の畳半畳ほどのスペース。
16歳になる頃からあまり動き回らなくなり、寝るのも食べるのもこの場所。
トイレに行きたくなると「連れてけー」と大声で呼ばれ、
トイレが終わるとトイレの前から「戻せー」と大声で呼ばれる。
たまに自分で移動することもあるが、飛び上がるのは大変そうだった。
低い場所に移してやっても、どーしても高さのあるこの場所がいいらしい。
18歳過ぎから足腰がどんどん弱り始めたが、でも譲らない。なんて頑固。

夏頃からほとんどを寝床で寝て過ごすようになる。
小食になって少しずつを何度にも分けて食べる。ちょっと食いボケも入ってる。
どんどん痩せてきていたけど、最後の日の2日前まで
ちゃんと食べていっぱい甘えて、とってもしっかりしていた。

前日、ご飯を食べなくなり1日ボーっとしていた。
どこか遠くを見ているような目で意識も朦朧としている感じ。
夜になって、おやすみって声を掛けて寝ようとしたけど
その時ふと「朝にはもう会えないかも知れない」と思い
ダンボールで作った寝床にもみじを移し、リビングで過ごすことにした。
夜中何度かもみじの体勢を変えてやり、朝方5時前。
ちょっとウトウトしていたらもみじの動く気配で目が覚めた。
体勢を整えてやると少し嘔吐。徐々に呼吸のペースが落ちていく。
ゆっくりゆっくり。
どうしてやる事もできず、名前を呼びながら撫で続ける。
お返事よい子のもみじは、こんな時まで尻尾の先で返事をする。
アンタって子は・・・・。
5時40分頃、少しだけ手がピクッと動き、大きくフーッと息を吐いた。
そのまま次の呼吸をすることはなかった。
静かに、本当に静かに・・・もみじは逝ってしまった。

一番最初の猫。結婚前に旦那がもらってきた。それからずっと一緒。
結婚した時も、2度の引越しも、うーたんが産まれた時も。ずっと一緒だった。
うーたんが赤ちゃんだった頃は、ずっとうーたんに寄り添ってたね。
オムツが濡れたり泣いたりすると、別室で家事をする私を呼びに来て
にゃんにゃん言いながら、うーたんのとこまで先導してくれた。
いいお姉ちゃんだったよ。
先に逝ったうずらと会えたかなぁ。最後を看取れて本当に良かった。
長い間ありがとう。うちの子なってくれてありがとう。
              
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

      
トラックバック
トラックバックURL
→http://akubin.blog3.fc2.com/tb.php/482-01899c38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    
              
    
                        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。